Riyo Uemura
新着情報批評経歴
コンサート情報コンタクトトップページ





植村(うえむら)理葉(りよ) Riyo Uemura(ヴァイオリン) プロフィール













第36回全日本学生音楽コンクールヴァイオリン部門小学生の部全国1位。

第58回日本音楽コンクール第2位及びナカミチ賞受賞。

ミケランジェロ・アバド国際コンクールで優勝。

レオポルド・モーツァルト国際コンクールでは最高位を受賞及びモーツァルト特別賞を受賞。

その他多数の国際コンクールに入賞している。

桐朋女子高等学校音楽科を卒業し、ケルン音楽大学でイゴール・オジム氏に師事。

文化庁芸術家在外研修員(3年派遣)として研鑚を積み、最優秀成績で卒業。

ローザンヌ音楽院では、ピエール・アモワイヤル氏に師事、首席で卒業。
他、これまでに小林健次、鈴木共子、千本芳恵、和波孝禧 各氏に師事。

在欧中、指揮者に認められ、
90回以上のコンサートでオーケストラと協演し、高評を得る。

ケルン室内オーケストラ、プラハ・シンフォニエッタ、
州立ハレ・フィルハーモニー管弦楽団、
州立アウグスブルク・フィルハーモニー管弦楽団、
ボン・クラシッシェ・フィルハーモニー、
サンクトぺテルブルク・カメラータ、ローザンヌ室内管弦楽団、
チューリンゲン・フィルハーモニーと共演、
ドイツや、サンクトペテルブルク, 草津の音楽祭にも招かれる。

また、ドイツの主要ホールでのコンサートツアーでは、シューマンの協奏曲を演奏、
同曲でドイツ・ソニーからCDも出ている。



写真





日本国内では、毎日ゾリステン(毎日新聞社主催) に出演の他、東京文化会館でリサイタルも行い、 2000年は、名古屋フィルハーモニー交響楽団の定期演奏会で、パガニーニの協奏曲を協演している。









2001年には、ボン・クラシッシェ・フィルハーモニーとコンサートツアー、チューリンゲン・フィルハーモニーの定期演奏会では、ブラームスとチャイコフスキーの協奏曲の協演をしている。







植村理葉は、協奏曲の独奏者としての活躍が大きく目立つ。 モーツァルトVn協奏曲では「きわめて優れた様式感」 「一貫して緊張を保ち聴き手に 息をつく暇をあたえない」(ボンのゲネラル・アンツァイガー紙)、ハイドンの協奏曲では、 「音が美しく、表現が明澄で、清潔な音楽をつくるバイオリニスト」(ボナー・ルントシャウ紙)。 「ボンの人達は彼女をウィーン古典派の協奏曲のソリストとして既に認知している。」(同紙)  と批評に記されるほど古典では既に定評を得ている。

さらに古典派だけではなく、シューマンのVn協奏曲奏者としての度重なる抜擢、 1999年のシベリウスの協奏曲では会場の聴衆を大いに沸かせ、 ストラヴィンスキーの協奏曲では古典主義的なバイオリン協奏曲の完璧な演奏で聴衆を魅了し、 聴衆は熱狂的な歓声をあげた。ドレスデン・ザクセン新聞)  とあるようにロマン派以降のVn協奏曲においてもこの数年彼女は大きな成果を挙げている。 作品に対する確実な把握を大事にし、持ち味の水を切るような透明感にあふれた音楽的処理、 快いテンポで前進する彼女の演奏に、厚みと深みが加えられ、人々の共感を惹き起こす熱い演奏を可能にしている。








2002年4月には東京文化会館で東京労音主催のリサイタルに出演した。
2003年は、グラズノフのヴァイオリン協奏曲、パガニーニの協奏曲をコンサートツアー等で計16回演奏。好評を博す。
2004年に、第15回新日鉄音楽賞 フレッシュアーティスト賞受賞。
バッハ無伴奏ソナタとパルティータ全曲演奏、
ベートーヴェンツィクルス、 ブラームスのソナタ全曲演奏会いずれも高評を博す。
2009年にラヴェル:ヴァイオリン・ソナタ─フランス・ヴァイオリン作品集』(CMCD-28183をカメラータ・トウキョウよりリリース、新聞や雑誌上に推薦盤として掲載され、高評を得る。
2010年は東京でシベリウスのヴァイオリン協奏曲を演奏。
現在は、ベルリンと東京に住みソリストとして活躍中。
写真